*

中央アジア旅行記(41)|カザフスタン編⑨恐怖の観覧車

公開日: : 最終更新日:2016/09/09 カザフスタン

郷土史博物館を見学

シムケントはなかなか住みやすそうな街ですが、観光という面からはそこまで多くの見どころがあるわけではありません。

まずは地球の歩き方にも載っていた”郷土史博物館”に向かいました。

見学料は安いですが、写真撮影は有料だったので写真はないです…笑

見学時間は1時間ちょっとくらいでした。アルマトイ行きの列車は夜7時発なので、それまでは時間を潰さなければなりません。

公園にあった奇妙な顔のモニュメント

シムケントには公園がたくさんあるのですが、その内の一つに行ってみました。場所はうろ覚えですが、多分この”ツェントラリニ公園”だったかと思います。

公園にあった金色の像、名前がカザフ語で書いてあったので、誰だかはわからず…

金色の像

そして上の写真の左下に何やら気になるものが写っていますが…

銀色の顔

銀色の顔です。これだけ目立つように作られているのですから、何か意味があるものなのかもしれません。

道すがらのレストランで昼食

当初はショッピングモール”Mega Planet”のフードコートで昼食にしようかという話だったのですが、たまたま通りかかったレストランに入ることにしました。

あまり大きなところでもなかったので、Googleマップには出ていないようです。あまり空腹でもなかったので、紅茶とスープ料理、それにパンを注文。

くだらない話なのですが、ここのトイレはなぜか便座が取り外されていました。後で入ったネットカフェでも便座がなかったので、こちらではよくあることなのでしょうか…

危険な観覧車に乗車

正直もう行くあてがなかったので、地図を見て大きそうな公園に行ってみようという感じになり、向かったのがこの公園。

Abay Parkです。結果的にここに来たのは正解だった気がしますね。

公園に入って少し歩くと、なにやら見覚えのあるものが目に入りました。”観覧車”です。トルキスタンの公園ではもう動いていなかったのですが、こちらではまだ動いており乗れるようです。もちろん、即断で乗ることになりました。

この観覧車、日本のものとは一味違います。日本の有名な観覧車と比べればいくらか小さいのですが…

カザフスタンの観覧車01

ご覧の通り、客席部分が完全にむき出しなのです。日本の観覧車を乗っても恐怖を感じることはありませんが、これには流石に若干の恐怖を覚えました。

ただ、ガラス越しではなく直に街を眺めることができるというメリットはあります。

カザフスタンの観覧車02

カザフスタンの観覧車03

下の写真の奥に写った戦闘機のようなモニュメントは、近くに行って見てみました。

戦闘機のモニュメント

シムケントの2日目は、もう少し続きます。

スポンサーリンク

関連記事

Abay Parkの戦没者記念碑

中央アジア旅行記(42)|カザフスタン編(10)戦車の展示も見られる”Abay Park”

まだまだ見どころのあるAbey Park 引き続きAbay Park内の散策を続けていきます。

記事を読む

Central Parkの戦没者慰霊碑

中央アジア旅行記(45)|カザフスタン編(13)タクシーでの国境越え

クレジットカードで支払いたかったが… アルマトイ2日目、まずはホテルをチェックアウトします。チェッ

記事を読む

トルキスタンの博物館

中央アジア旅行記(10)|カザフスタン編③トルキスタンの大衆浴場「バーニャ」

トルキスタン2日目 まだたったの2都市にしか行っていませんが、はやくも中央アジア旅行記がパート10

記事を読む

Google Addsense1

  • 著者:田村琢朗(Takuro Tamura)


    NHK「テレビでロシア語」を見たのをきっかけに
    ロシアにハマり、ロシア語の勉強を開始。
    翌年にはモスクワ・サンクトペテルブルクを訪問。
    さらにその翌年にはウラジオストク・ハバロフスク
    を訪れ、シベリア鉄道を短い区間ながらも体験。
    2014年10月、ロシア語能力検定3級を受験し合格。

    Instagram
    ブログに掲載していない写真はInstagramにアップしていますので、こちらもどうぞ。
  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑