*

中央アジア旅行記(36)|ウズベキスタン編(19)出国不可能の危機?(前編)

公開日: : ウズベキスタン

再びウズベキスタンの首都タシケントへ

サマルカンドから再びタシケントへ戻ってきました。ここから夜行列車に乗ってカザフスタンのシムケントに行きます。

列車の出発予定時刻まで3,4時間はあったので、どうやって時間をつぶそうかなどと考えていましたが、まさかそんな必要もなくなるほどの事態になるとは…この時は考えもしませんでした。

まずは近くのスーパーで飲み物や食料の買い出しに。カップ麺や、瓶入りのクワスなどを買いました。

その後はシムケント行きのチケットを買うために、チケット売り場へ。

整列をする習慣はなかった

チケット売り場の窓口は結構な人がいたのですが、驚いたのは列を作って並ぶということを全くしていなかったということ。

ただ、横入りが横行するほど無秩序というわけでもなく、なんとなく順序めいたものは存在している模様。積極的に行かないといつまでたっても順番が回ってこなさそうなので、しっかりと自分たちの場所はキープ。

ここでかなりの時間を消費しましたが…ようやく順番が回ってきました。シムケント行きのチケットが欲しいというと、係員に怪訝な顔をされます。

別な係員が来て説明してくれたのですが、なんとこの売り場は国内線専用の売り場とのこと(!)

国際線のチケットを買うには、別の売り場に行かなければならないようです。親切にも国際線チケットの売り場を説明していただいたので、早速向かいます。

説明された通りに進んできたのですが、イマイチどの建物なのかわかりません。というわけで、近くにいた人に尋ねてみたところ、国際線チケットの売り場を教えてもらうことができました。

チケットを買うためには”オヴィール”に行く必要が

中に入ってみると、それほど人の数は多くないようでした。これならそれほど時間をかけずに購入できそうです。

クレジット払いに対応している窓口があったので、そちらに並びます。

ほどなくして順番が来ました。カザフスタンのシムケントまでのチケットを購入したいと伝えます。しかし、ここでまた問題が…

パスポートを渡した後返ってきた答えは、”オヴィール”に行ってくれということ。オヴィールが滞在登録をするための施設であることは知っていましたが、予想外の返答。

釈然としないので、なぜその必要があるか尋ねてみると、なるほどそういうことでしたか…

ウズベキスタンでは滞在登録が必要

前提として、ウズベキスタンにおいて海外旅行者は、滞在登録をしなければいけません。宿泊先のホテルがやってくれるので、普通はこの滞在登録が問題になることは少ないでしょう。

ちなみに滞在登録の証明として、ホテルから小さな紙片を渡されますので、これは絶対に無くさないようにしましょう

では、もうウズベキスタンから出国しようとしているのに、なぜ滞在登録が必要なのかという話です。

その答えは、午前0時の段階でまだ列車はウズベキスタン内を走っており、カザフスタンに入国するのが翌日になってしまうから。

夜行列車での宿泊では滞在登録ができませんから、この1日の滞在登録が空白になってしまいます。そうすると出国の時に問題が出てくるわけです。

なんだか変な制度だな…と疑念をいだきつつも、滞在登録をしなければ話にならないので早速オヴィールを探しに行きます。

しかし、この後もまだまだトラブルは続くのでした…

スポンサーリンク

関連記事

200,000スム

中央アジア旅行記(14)|ウズベキスタン編①気分はお金持ち?100ドル札が札束に

3カ国目”ウズベキスタン”に到着 さて、この旅もやっと3カ国目に差し掛かりました。とはいえ、旅程自

記事を読む

パンシャンベバザール02

中央アジア旅行記(20)|ウズベキスタン編③タシケントの街

タジキスタンから再度ウズベキスタンへ 中央アジア旅行記も20パート目に差し掛かりました。まだタジキ

記事を読む

タシケントの博物館

中央アジア旅行記(24)|ウズベキスタン編⑦大きな決断

ウズベキスタンは使えるATMが少ない 閉館中だった博物館を立ち去った後は、ATM巡りに。ウズベキス

記事を読む

Google Addsense1

  • 著者:田村琢朗(Takuro Tamura)


    NHK「テレビでロシア語」を見たのをきっかけに
    ロシアにハマり、ロシア語の勉強を開始。
    翌年にはモスクワ・サンクトペテルブルクを訪問。
    さらにその翌年にはウラジオストク・ハバロフスク
    を訪れ、シベリア鉄道を短い区間ながらも体験。
    2014年10月、ロシア語能力検定3級を受験し合格。

    Instagram
    ブログに掲載していない写真はInstagramにアップしていますので、こちらもどうぞ。
  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑