*

ロシアのスーパーで買った”ボルシチの素”を使ってボルシチを作ってみた

公開日: : ロシア料理 ,

ロシアのスーパーで売っている”ボルシチの素”

先日のサハリン旅行では、お土産にこんなものを買ってみました。

ボルシチの素1

スーパーで売っていた”ボルシチの素”です。レトルト食品のような感じで、中にはビーツ・玉ねぎ・トマトなどボルシチに必要な材料が含まれています。

このボルシチの素を使ってボルシチを作ってみたので、作り方や味などをリポートしてみたいと思います。

自分で用意するもの

パッケージには、キャベツブイヨン(肉・野菜からとるスープ)を用意するように書かれています。他に好みでセロリ・ディル(ハーブ)・サワークリームなどを用意すると良いですね。

ボルシチの素2

ブイヨンについては本格的なものを作っていたらキリがないので、肉を煮込んだ簡単なものを用意しました。

DSC_0279

こんな感じに、スーパーで買って来たシチュー用の牛肉を煮込んでいきます。

ブイヨン2

煮込んだ肉を取り除きます。本格的にいくならこれを漉すべきなのですが、軽くアクを取り除いてそのまま使います。

キャベツを入れる

ブイヨンにキャベツを入れて煮込みます。キャベツを使い切ろうとするあまり、入れ過ぎてしまいましたね…。あと、もう少し細かく切るべきでしたが、いかんせん作業スペースが狭く切りづらかったので、妥協してしまいました。

キャベツがある程度煮えてきたら、ボルシチの素を投入します。

ボルシチの素の内容物

ビーツが入っているので真っ赤ですね。刻んだビーツが入っているのがわかります。

ボルシチの素を投入

こんな感じに鍋が赤く染まります。先ほど引き上げた肉も一緒に入れてしまいましょう。

ボルシチ完成

完成です。皿に盛り付けるとこのような感じに。やはりキャベツが多過ぎたか…。

肝心の味ですが、キャベツを多く入れすぎて水分が増えてしまったせいか、ちょっと薄かった気がしました。あとは、ハーブのディルを入れておけばよかったかなと。あれを入れるとかなりロシア料理感が増しますので。

とはいえ、全体的には満足のいく出来でした。スーパーで200円もしない値段で買えますので、ぜひロシアに行く機会があればスーパーで探してみてください。ロシア土産にオススメの一品です。

ロシア料理を作るなら、こちらのレシピ本がオススメです。こちらを参考にしてボルシチやビーフストロガノフを作ったりしましたが、なかなか美味しく出来上がりました。

スポンサーリンク

関連記事

クワスの素(裏)

”クワスの素”を使って自家製クワス作りに挑戦(2)〜翻訳編②〜

「前回の記事」:”クワスの素”を使って自家製クワス作りに挑戦(1)〜翻訳編①〜 ”クワスの作り方”

記事を読む

クワス01

”クワスの素”を使って自家製クワス作りに挑戦(4)〜試飲編〜

”クワスの素”から作ったクワスのお味は? さて、いよいよロシアのスーパーで買った”クワスの素”から

記事を読む

クワスの素と砂糖を入れて混ぜる

”クワスの素”を使って自家製クワス作りに挑戦(3)〜調理編〜

前回の翻訳編から少し間が空いてしまいましたが、ようやくクワス作りの時間が取れました。 今回はい

記事を読む

Google Addsense1

  • 著者:田村琢朗(Takuro Tamura)


    NHK「テレビでロシア語」を見たのをきっかけに
    ロシアにハマり、ロシア語の勉強を開始。
    翌年にはモスクワ・サンクトペテルブルクを訪問。
    さらにその翌年にはウラジオストク・ハバロフスク
    を訪れ、シベリア鉄道を短い区間ながらも体験。
    2014年10月、ロシア語能力検定3級を受験し合格。

    Instagram
    ブログに掲載していない写真はInstagramにアップしていますので、こちらもどうぞ。
  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑