ロシアの音楽|Привет/Если в сердце живёт любовь(Юлия Савичева)

今回はロシアの有名女性シンガー、Юлия Савичева
(ユリア・サヴィチェヴァ)の曲を2曲ご紹介します。

Привет

「привет」は、ややくだけた感じの挨拶言葉。英語で言えば「Hi」
に近いかもしれません。こちらはアルバム「Магнит」の1曲目に
収録されています。

こちらの曲は、iTunes storeで購入可能です。
Привет – Юлия Савичева

Если в сердце живёт любовь


「Если в сердце живёт любовь」は彼女のヒット曲の
1つ。日本語に訳すと「もし心に愛が生きているなら」となります。
youtubeでеслиと検索欄に入れると、2番目に候補として表示されるほど
有名な曲のようです。

Еслиは「もしも〜なら」という接続詞で、英語で言うところのif。вは
場所を表す前置詞で、серце「心臓、心」と合わせて「心に」という意味。

живётは「住んでいる、生きている」という意味の動詞житьの
3人称単数現在形です。

最後のлюбовьが「愛」という意味の名詞です。これが主語にあたる
のですが、見ての通り文の一番後ろに主語が来ています。英語ではまず
考えられない語順ですが、ロシア語は格変化がある言語なので、語順の
自由度か高いです。

こちらの楽曲もアルバム「Магнит」に収録されている曲のはずなの
ですが、なぜかiTunes storeでは販売していません。良い曲なだけに、
残念です…

一応AmazonではCD版のアルバムが出品されています。