*

ロシア語教材「28日やさしいロシア語講座」レビュー

公開日: : 最終更新日:2016/02/09 ロシア語勉強法

今回は「情報商材」をレビュー

これまではロシア語の文法書や単語集などのレビューを書いてきましたが、今回紹介するのは書店で売っている本ではなく、いわゆる情報商材と呼ばれるものです。

◆ロシア語◆ 初心者がゼロから学べる~【28日やさしいロシア語講座】

こちらの情報商材をレビューしてみたいと思います。

情報商材というと中には詐欺まがいなものもありますし、ましてや28日でロシア語を学習できると言っているわけですから、ちょっと胡散臭く思えてなかなか手が出にくいですよね。

価格も16,800円と、買ったけど使い物にならなかったでは済まされないお値段。 そんなこちらの商材ですが、私は買ってみましたので、はたして中身はどんなものだったのか、レビューしてみたいと思います。

28日で身につくかは微妙…だが教材としてはなかなか良い

まず先に言ってしまうと、わずか1ヶ月でロシア語をマスターできる魔法の方法が書いてある…というわけではありませんでした。 というかQ&Aの「ロシア語習得まで、どのくらいの時間がかかりますか?」という質問に 対して、

28日を1クールとお考えください。個人差はあり、当然ですが、28日だけでパ ーフェクトにロシア語を習得できるとは考えておりません。ロシア語をある程度自由に扱えるレベルを目標としています。

と答えていますので、著者自身も28日間でロシア語をマスターできる、とは言っていません。

もうすでに何らかの文法書や単語集を買っている、というかたはわざわざ1万円以上払ってこちらの商材を買う意味はあまりないかもしれませんが、全くの初心者で教材もこれから揃えるという方でしたら、この商材を買ってみるという選択肢はアリかなと思いました。

フル音声解説がうれしい

最近の語学書ですと、CD付属が付属していてアルファベットや単語の発音、スキットが聴けるというのは最早あたりまえになってきました。

この「28日やさしいロシア語講座」では、ロシア語の発音を音声で確認できるのはもちろんのこと、全ての日本語解説が音声化されているのが最大の特徴と言えるでしょう。 じっくりとテキストを読み込んで勉強する時間がないという状況でも、音声をiPodなどに入れて聞くことで、ロシア語の学習を行うことが可能です。

ダウンロード版でしたらテキストはpdfファイルになっていますので、タブレットなどにいれ ておけば外出先や電車での移動中に読みやすいのも強み。

単調な「勉強」に陥らないためのテキスト構成

全体的に、文章は語りかけるような口調になっており、ただの退屈な解説になってしまわない ように工夫されています。

序盤はいきなりアルファベットを覚えさせるということをせずに、まずはカタカナでロシア語を表記し、ロシア語の代表的なフレーズを学びます。 アルファベットの単純暗記はそれほど面白くありませんから、こういった学習意欲が続くような工夫があるのは嬉しいですね。

ものによっては覚えるための語呂合わせまでありました。

あとは日毎のコラムもなかなか面白く、読ませるものが多いです。

特典も全て音声収録

特典…といっても用は単語集のようなものですが、主要な単語を瀕死ごとにピックアップしてくれているので、なかなか重宝します。

本編の音声だけでも膨大な量ですが、こちらの特典に収録されている単語全ても、音声で発音 を確認することができます。 しばらくは単語集を買う必要もないでしょう。

私自身はある程度ロシア語を身につけてからこの「28日やさしいロシア語講座」を買ったので 、全くのロシア語初学者がこの教材で勉強したらどこまでロシア語が身につくのか、というのは興味がありますね。

もしこれを使ってロシア語学習を始めてみた、という方がいらっしゃったら是非ご報告をお待ちしております。

スポンサーリンク

関連記事

%d0%b2%d0%b8%d0%ba%d0%b8%d1%81%d0%bb%d0%be%d0%b2%d0%b0%d1%80%d1%8c

単語の変化形を確認するのに便利なサイト「Викисловарь」

動詞・形容詞を覚えたら… ロシア語を習得するために、単語の学習が必要なのは言うまでもないかと思いま

記事を読む

プログレッシブロシア語辞典02

iPad版「プログレッシブ ロシア語辞典」レビュー

電子辞書を買いたかったが… これまでロシア語単語の意味を調べるときは、紙の辞書を引くか「Engli

記事を読む

Notebook

ロシア語を学ぶ|ロシア語のハードルになりそうなポイント(1)

ロシアに興味を持っている方の中には、ロシア語を 勉強してみたいと思っている方もいることでし

記事を読む

Google Addsense1

  • 著者:田村琢朗(Takuro Tamura)


    NHK「テレビでロシア語」を見たのをきっかけに
    ロシアにハマり、ロシア語の勉強を開始。
    翌年にはモスクワ・サンクトペテルブルクを訪問。
    さらにその翌年にはウラジオストク・ハバロフスク
    を訪れ、シベリア鉄道を短い区間ながらも体験。
    2014年10月、ロシア語能力検定3級を受験し合格。

    Instagram
    ブログに掲載していない写真はInstagramにアップしていますので、こちらもどうぞ。
  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑